• HOME
  • 鹿児島県産100%珈琲誕生のあゆみ



コーヒー栽培に適したコーヒーベルトの北限にあたる沖永良部島。

2008年、ノアコーヒー代表の東さつき氏の出身地沖永良部島の自社農園でコーヒー栽培を開始。台風や塩害など紆余曲折様々な経験を重ね、2018年には300kg の収穫量までに成長。同年、自家焙煎珈琲が「かごしま新特産品コンクール奨励賞」を受賞した。

それと同時にコーヒー果実の皮の部分を活用する目的で丸ごと焙煎することを発案し、独自の技法を取得。その豆の成分分析を鹿児島大学に依頼した。

その後、鹿児島大学との国産コーヒーの特色・機能性(健康効果)の共同研究で、鹿児島県産コーヒー豆と取得した焙煎技法により、高い機能性成分が含まれていることが分かり、「機能性珈琲」の開発へとつながることになった。〈共同特許出願済〉

2020年09月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

2020年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 店舗定休日
  • 焙煎日